スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセリングの練習方法。

12 05, 2011 | Posted in セラピストの日常

0 Comments
カウンセラーを目指す人や、既にカウンセラー
の方が自己研鑽の為に行うカウンセリング練習
の一つに、

“ロールプレイ演習”(もしくは単にロールプレイ)

というものがあります。

カウンセラー役(聞き手)とクライアント役(話し手)
に分かれて行うもので、何十分づつ交代で行います。

専門の指導者(スーパーバイザー)がチェックして
いることが多く、カウンセラー役の全体を見ながら
適切に指導や指摘をします。

私ももちろん、カウンセラーになる前や現在も
ロールプレイに参加して自己研鑽をしますが、


これがまた、めっちゃ緊張する(@_@;)


良いところを見せようとするからか?

出来なくてはいけないと考えているからか?

恥をかかないようにしようと思うからか?

自分では気づきませんが、色々な理由が
あると思います。

以前、まだカウンセラーを目指していた頃に
ロールプレイに参加した時のこと。

計6名くらい参加したと思うのですが、その時の
指導者の方に全員の緊張が伝わったらしく、

「とりあえず力を抜こう!」

という優しい発言のもと、

「私は緊張してもいいですか?と私に聞いてみて?」

と、その指導の先生はおっしゃいました。

一人づつ順番に先生に向かって言っていくのですが、
私は6番目だった為、順番が来ることに対しても
緊張してしまい、

「さぁ三木さん、どうぞ~」

と言われ口を開いたのですが、喉はカラカラに
渇いてしまい、唇に水分が無かったものですから、


「わ だ゛じ゛゛は、きんじょう、しでぼ、いい、でふかぁ?」


といった、およそ日本語にさえなっていない言葉で
伝えてしまいました。

指導の先生、

「ゆっくりと深呼吸しながら、言ってごらん!」

と、また言うことになったのですが、一度火が点いた
緊張の炎は鎮火されることなく、同じ状態の中、また
同じ日本語ではない言葉を言うハメに。

指導の先生も、ここまできたら何とか緊張を抜いて
あげよう!と思ったらしく、計6回くらい言わされました。


まさしく、拷問のような時間(@_@;)


逆に緊張を上げさせるとは、この先生何か考えが
あってのことか・・・・?

なんて裏の裏を読もうとしましたが、そんなことは
ありませんでした(^_^;)

そんな経験もありましたが、今でもよく色々な
ロールプレイに参加しています(^_^;)



“仕事帰りに気軽に学ぶ♪”
 ワタシだけの女子力コミュニケーション
    ブランディング・セミナーは ⇒ こちら





三木ひろしのオフィシャル・カウンセリングサイトです。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


★☆★こころの問題、早期解決はおまかせください★☆★
    まずはお気軽にWEBサイトをご覧ください

    ハートウォーミング・セラピースウィーニー

           http://sweeny.jp



ありがとうございます。にほんブログ村ランキングに参加しています。
下記のランキングボタンをクリックして頂けると、大変大きな励みになります!
クリックの応援、よろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ



スポンサーサイト

« 六本木セミナーが近づいてきました。 幸せの感じ方は人それぞれ。 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
About

三木ヒロシ

Author:三木ヒロシ
神奈川県川崎市と東京都府中市カウンセリングルーム
「ハートウォーミング・セラピースウィーニー」
の室長三木ヒロシのオフィシャルブログです。
http://sweeny.jp

QR Code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。