スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかっている事を伝えても相手の助けにはならない。

09 24, 2011 | Posted in カウンセリング - コラム

0 Comments
普段生活している中で、お友達や知り合いや職場の方などから
グチや悩みなどを打ち明けられる事があると思います。

会社のこと、同僚や上司のこと、旦那のこと、奥さんのこと、
抱えてる仕事のこと、子どものこと、借金のこと、禁煙のこと、

などなど。

そんな時その人の為にと思い、アドバイスや助言を与えたところ、
イマイチ良い反応が返ってこなかったり、反応が鈍かったりする
ことはありませんか?

例えば、

相手「ずっと禁煙したいと思ってるんだけど、なかなか出来なくてね」
あなた「タバコは止めた方が良いよ、身体に悪いし」
相手「うーん、わかってるんだけどね・・・これがまた難しく・・」
あなた「肺がんのリスクも高まるしね~頑張れば出来るって!」
相手「うーんん・・・」
あなた「タバコも税金が上がった事だし、良い機会だと思ってさ」
相手「・・・・・」

上の例はちょっと極端?かもしれませんが、大体このような
会話になることはないでしょうか?

相手の方は禁煙したいと思っていて、でも難しく感じています。
という事は、タバコや止めたほうが良いし、身体に悪いって事も
十分承知していることだと思います。

問題は、ダバコを止めたいけど止められないといった

“わかっちゃいるけど止められない”

という気持ちであるので、上記のようにただそのまま止めた方が
良いといった助言は相手の胸には届かないでしょう。

こんな時は、

「そっか、禁煙がなかなか出来ないんだ~」

程度の応答が適切じゃないかな?と思います。

出来ないという気持ちを受け止めてあげると、相手は気分が良くなり
もっとお話しようと思うかもしれません。

相手が知っていてわかっている事を伝え返すよりも、一旦受け入れて
伝え返すことをしていけば、更に良い人間関係が結べるかも?
しれませんね(^^)




★☆★こころの問題、早期解決はおまかせください★☆★
   まずはお気軽にWEBサイトをご覧ください

  ハートウォーミング・セラピースウィーニー

      http://sweeny.jp



ありがとうございます。にほんブログ村ランキングに参加しています。
下記のランキングボタンをクリックして頂けると、大変大きな励みになります!
クリックの応援、よろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ



スポンサーサイト

« 忙しい時は忙しく、暇な時は暇。 台風が凄かったですね。 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
About

三木ヒロシ

Author:三木ヒロシ
神奈川県川崎市と東京都府中市カウンセリングルーム
「ハートウォーミング・セラピースウィーニー」
の室長三木ヒロシのオフィシャルブログです。
http://sweeny.jp

QR Code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。