スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションが上手な人とは。

06 26, 2011 | Posted in メンタルヘルス - コラム

0 Comments
会話をしていて何故かわからないけど、この人と話していると
何か楽しくて心地よいなぁ・・・と感じる人がお友達や
お知り合いに何人かいるかな?と思います。

相手をさりげなく心地よく感じさせたり、会話をしていて
嫌な気分にならない・・・

そのような人たちは“コミュニケーション上手”なのかもしれません。

コミュニケーション上手というと、話し方がうまかったり、ユーモアが
溢れていたり、気軽に誰とでも仲良くなる・・・といったようなイメージ
があるかも?しれませんが、本当のコミュニケーション上手とは、

“相手の話しの聴き方がバツグンに上手”という人たちのことです。

具体的にどの辺りが上手なのか?というと、

(1)適度なタイミングでうなずくのが上手

あまり大げさにうなずかれると本当に聞いているのかな?という
気持ちになりますが、適度なタイミングで大げさではなく自然に
うなずき、尚且つ嫌味がありません。

(2)適度なタイミングで相づちを打つのが上手

「ほう」「へぇ~」「ええー」「なるほどー」「ええ!?」
数えあげたらきりがありませんが、たくさんの種類の相づちを
打ち、尚且つ大げさではなく嫌味がありません。

(3)話したいと思っていることを質問するのが上手

例えば、

Aさん「昨日美味しいロールケーキのお店を見つけてさぁ」
Bさん「お、良いね~何ていうお店?」
Aさん「○○○○っていうお店だよ」
Bさん「○○○○かぁ、どこにあるの?」
Aさん「○○○から2つ目の○○だよ」
Bさん「あぁ、あの辺りか~よく見つけたね。何が美味しかった?」
Aさん「もう、生クリームがほどよく乗っていて、カットされたフルーツ
    がたっくさん!入っていて、それが本当美味しかった!」
Bさん「おお!美味しそう!どんなフルーツが入っていたの?」
Aさん「あのね、○○でしょ、それから○○○でしょ、それから・・・」

上のAさんとBさんの会話のように、Aさんが話したいことをポツリと
出した時、すかさずBさんがその話を質問を通して展開させていますね。

これは「オープンコミュニケーション」と言い、少々難しい手法ですが
話しを広がらせていくことが出来る質問方法です。

上の(1)~(3)を踏まえたうえで“その話しに興味がありますよ”
という態度でお話を聴いてもらえたら・・・気分が良いと思います(^^)

上の3つを意識してみると、知らない間にコミュニケーションの達人に
なっているかも?しれません。

ちなみに私ですが、ええ、もちろん全部を丁寧に出来ません(T_T)

コミュニケーションの達人への道のりは遠いなぁ・・・(ToT)/~~~




★☆★こころの問題、早期解決はおまかせください★☆★
   まずはお気軽にWEBサイトをご覧ください

 ハートウォーミング・セラピースウィーニー

     http://sweeny.jp



ありがとうございます。にほんブログ村ランキングに参加しています。
下記のランキングボタンをクリックして頂けると、大変大きな励みになります!
クリックの応援、よろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ




スポンサーサイト

« 何かお返しをしたくなる心理。 カウンセリングとレバ刺し。 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
About

三木ヒロシ

Author:三木ヒロシ
神奈川県川崎市と東京都府中市カウンセリングルーム
「ハートウォーミング・セラピースウィーニー」
の室長三木ヒロシのオフィシャルブログです。
http://sweeny.jp

QR Code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。