スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その通りかもしれないこと。

05 16, 2011 | Posted in ちょこっとコラム

0 Comments
今日は一日お休みを頂きまして、お家にてゆっくりとしています。

昨日は私が講師を務めたオープン・ワークショップがあったの
ですが、これは次回のブログにてアップしよーかと思います。

ネットをうろうろしていた所、ある言葉が印象深く感じました。

その言葉とは、

「大切なのは、どんな療法を使うかじゃない。
 大切なのは、どんな人がその療法を使うかだ」

うむむ・・・深いなぁ・・・と感じ入ってしまいました。

ここ最近は色々な方とお会いする機会が多く、おかげさまで!?
人を見る目が肥えたせいか、一層と印象に残ったような気がします。

精神療法というカウンセリング技法は、約200種類くらい
存在していると言われています。
(私がカウンセリングで用いている“再決断療法”もその一つです)

カウンセリングの技法である精神療法を勉強していくと、その療法を
“使わねばならない”“使うのがクライアントさんの為だ”
といった錯覚をしてしまうと感じることがあります。

もう一度言いますが、錯覚ですね。

もちろん、カウンセリングで用いるために精神療法を学ぶのですから、
それ自体は何の問題もないと思います。

私ももちろん“再決断療法”という技法を用いることがありますので。

ただ、すべてのカウンセリングに療法を用いるか?と言いますと、
私の答えは「NO」です。

そのクライアントのペース、話したいこと、苦しんでいること、
雰囲気、態度、表情、仕草、トータルで把握して寄り添いながら
必要な状況に応じて療法を扱っています。

行うカウンセリング全てに療法を用いることはしません。
(ただし、これはあくまでも私の見解です。良い・悪い
 というのをお伝えしたい訳ではありません。)

危惧するのは、療法を使うことを念頭に置きながらカウンセリング
を進めると、“クライアントさんを置き去りにすることがある
いうことです。

その昔、他のカウンセラーのカウンセリングを受けたことが
あるクライアントさんから、

「自分が学んだ精神療法を使うことばかり固執して、話を聴いてくれない」
「カウンセラーがどんどん進めていくから、合わせなくてはいけない気分になる」
「結局、何を自分はされたのか?よくわからないで料金を取られた」

といったことを何度か聞いたことがあります。

これは、私も駆け出しの頃にやっていたことなので、我が事の
ように感じてしまいます(^_^;)

でも、ここに気づいたので、今の私があるのですが・・・・

まず“クライアントの話しに沿う”
そして“クライアントの気持ちに沿う”
最後は“クライアント、その人に沿う”

原点でもあるこの部分をしっかりと持ちながら、尚且つ必要に応じて
“ツール”としての療法ではないかな・・・と思います。

仕事としてカウンセリングを行う以上、「顧客満足度」という
概念は避けて通れません。

「顧客満足度」を決めるのは“カウンセラー”ではなく“クライアント”です。

「カウンセリングを受けて良かった」

せめてこう言って頂けることが大事ではないかな・・と思います。





★☆★こころの問題、早期解決はおまかせください★☆★
   まずはお気軽にWEBサイトをご覧ください

 ハートウォーミング・セラピースウィーニー

     http://sweeny.jp



にほんブログ村ランキングに参加しています!
クリックの応援、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


スポンサーサイト

« ダメ出しをされる。 人が持つ力(パワー)。 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
About

三木ヒロシ

Author:三木ヒロシ
神奈川県川崎市と東京都府中市カウンセリングルーム
「ハートウォーミング・セラピースウィーニー」
の室長三木ヒロシのオフィシャルブログです。
http://sweeny.jp

QR Code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。