スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何を」ではなく、「どのように」。

02 26, 2011 | Posted in ちょこっとコラム

0 Comments
最近、講座やセミナーの講義をしていて、
よく考えることがあります。

それは、

「果たして聞いている皆さんには、言いたい
     ことが伝わっているのだろうか?」

ということ。

どのように解釈し受け取るかは聞いて頂いて
いる方々の自由ですが、こと細かに理論や
その周辺情報を話すだけで、果たして染み入って
いるのだろうか?

何てことを考えていたりします。

学校の授業などでは、例えそれがつまらなくても
「教育」という名のもとにしっかりと「教える」
という形を取りますが、興味を持って来て頂く講座
などは「教育」ではなく、どちらかというと、

「自分の興味ある情報を知識として蓄えたい」

というものだと思います。

もちろん、理論や情報をこと細かく説明して
いくのは良いと思うのですが、多分、それで
頭に入るのは50%くらい?ではないでしょうか。

知り合いに連れられて来ました~という方でしたら、
もっと低くなるのでは?と思います。

ずっと頭にあり、ここ最近それはあらかた間違いでは
ない!と感じたことが、

“何を話すか”ではなくて、“どのように話すか”

ということでした。

レジュメやテキストを作っていてよく突き当たるのが、

「何を?どの部分を?どの辺りの知識を話そうかな?」

といったことで、これはもちろん間違いではなくとっても
大切なことですが、でも小難しい話を正味2時間近く話しても、
講師は良いですが、聞いている方々は疲れるよなぁ・・・・
と思います。

キチッとした理論をまんべんなくマシンガンの
ように叩き込まれるのが好きという方もいらっしゃる
でしょうが、そうでもない方の方が多いのではないかと。

“理路整然とした理論”を武装しているのは当たり前で、
それだけではなく“どのように”伝えるか?

笑いあり、涙あり、考えることあり、体感あり、驚きあり・・・

ある意味エンターテイメント的な発想も大切ではないかな~
なんて思います。

エンターテイメント感が大きすぎて、結局何を話して
いたのか?というのは本末転倒ですが、節々にエンタメ
的なことを取り入れると、より一層理解が深まる気が。

エンターテイメントといっても、何もマジックとかを
する訳ではありませんが(笑)

せめて、「来てよかった」や「考えていた内容以上だった」

というお土産を持ち帰って頂けたら・・・なんて思います。

また、カウンセリングでも“何を話すか”ではなく、
“どのような声で”が大切だ、ということをおっしゃって
いる有名なカウンセラーの先生がおります。

あ~なるほど!と思いました。

声によって染み込み具合が違うということも
前から少し感じていましたが、違うカウンセラー
の方も同じことを考えていたのだなぁ・・・・
と思うと、やはりあながち間違いではないかな?
なんて感じたりします。




★こころの問題、早期解決はおまかせください★
  まずはお気軽にWEBサイトをご覧ください

 ハートウォーミング・セラピースウィーニー

     http://sweeny.jp



にほんブログ村ランキングに参加しています!
クリックの応援、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


スポンサーサイト

« 東川口でのおしゃべりカフェ。 新しいパンフレットが出来ました。 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
About

三木ヒロシ

Author:三木ヒロシ
神奈川県川崎市と東京都府中市カウンセリングルーム
「ハートウォーミング・セラピースウィーニー」
の室長三木ヒロシのオフィシャルブログです。
http://sweeny.jp

QR Code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。